無印の家の縦の家が、気になる方はいるでしょうか?

無印の家の縦の家は、スキップフロアになっている家です。

スキップフロアというのは、廊下や扉で部屋を区切るのではなくて階段の段差で部屋を区切る家です。

ですので、スキップフロアにすると階段の縦方向で部屋を分けることが出来ます。

開放的な家を希望する方は、無印の家の縦の家にすることで、スキップフロアの開放的な家にすることが出来ます。

でも、無印の家の縦の家でスキップフロアは過ごしやすい家なのでしょうか。

今回は、無印の家の縦の家・スキップフロアは、オススメ?の話をします。

無印の家の縦の家のスキップフロアイメージ画像

無印の家の縦の家・スキップフロアは、オススメ?

無印の家の縦の家は、スキップフロアの家です。

スキップフロアの間取りに憧れる方はいますが、実際にスキップフロアの間取りにする方は少ないです。

なぜなら、スキップフロアの間取りを作成すると費用が高くなり、普通の間取りの方がコスト的に良いと感じてしまうからです。

でも、無印の家の縦の家は、始めからスキップフロアの間取りで考えられている家なので、迷うことなくスキップフロアの間取りにすることが可能です。

無印の家の縦の家は、三階建てを想定している家ですが、スキップフロアの家も三階建てを想定している住宅です。

縦方向に立体的に間取りを作ることで、狭い土地でも縦に広い空間にすることが出来るので、都心などで狭小住宅を検討している方は、無印の家の縦の家は、良い選択だと思います。

無印の家の縦の家を検討

無印の家の縦の家は、三階建てを想定している住宅です。

50坪以上の広い土地がある場合には、縦の家よりも他のシリーズの無印の家の方が良いと感じます。

逆に土地の広さが30坪以下であれば、無印の家の縦の家が良いと思います。

縦方向に間取りを広げることで、狭い土地でも広くて快適な家にすることがスキップフロアのメリットです。

都心に良い土地を見つけたけれど、土地が狭くて悩んでいる方には、無印の家の縦の家にすることで土地購入の悩みを解消出来るのではないでしょうか。

建物よりも土地の立地を優先する方にとっては、無印の家の縦の家はオススメですね。

以上、無印の家の縦の家・スキップフロアは、オススメ?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告