無印の木の家の防犯が気になる方は、いるでしょうか。

無印の木の家は、無印の家を代表するデザインの家だと言えます。

箱型のデザインが印象的な家ですが、大きな窓で明るいイメージもある家です。

でも、無印の木の家では窓の部分にシャッターを設置することが出来ません。

では、無印の木の家の防犯はどのようにしたら良いのでしょうか。

今回は、無印の木の家の防犯は、安全?の話をします。

無印 木 の 家 防犯イメージ画像

無印の木の家の防犯は、安全?

無印の木の家の防犯は、基本的には窓ガラスの部分にシャッターを設置することが出来ないので、無印の木の家で防犯のことが気になる場合は、防犯ガラスを設置することになります。

通常の住宅では、防犯対策として面格子を設置することが一般的です。

でも、無印の木の家では大きな窓が多いので、面格子で防犯対策をすることが難しいと考えられます。

シャッターを設置することが出来ない無印の木の家では、防犯対策として窓の部分には防犯ガラスを利用することがベストな選択だと言えますね。

無印の木の家の防犯を検討

無印の木の家の防犯対策として、防犯ガラスを利用することをオススメしました。

防犯ガラスというのは、防犯対策として1番高価なものになりますが、防犯のことを考えたら防犯ガラスが安心できます。

私が住宅メーカーに勤めていたときにも、お客様の住宅で窓ガラスを割られて空き巣に入る事件がありましたが、防犯ガラスを利用していたために被害に合うことはなかった住宅がありました。

周りの近所の家では、防犯ガラスを利用していなかったので、物を盗まれる被害があったのですが、やはり防犯ガラスで防犯することが1番良いですね。

シャッターで防犯対策として考える方もいますが、そもそもシャッターというのは正確には防犯対策としては利用できないものです。

また、昼間からシャッターを閉じることは不自然だったり面倒なので、徐々にシャッターを利用しない方は多いです。

無印の木の家では、大きな窓ガラスが印象的な住宅ですが、防犯のことを考えると防犯ガラスを設置することが1番良いと思いますね。

以上、無印の木の家の防犯は、安全?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告