床暖房は、部屋の中が乾燥するか気になる方は、いるでしょうか?

冬場の乾燥は、静電気が発生したり肌荒れの原因など環境に悪影響があります。

乾燥した部屋では加湿器を利用しますが、床暖房というのは乾燥しやすい暖房器具なのでしょうか。

今回は、床暖房は、部屋の中が乾燥する?の話をします。

床暖房乾燥イメージ画像

床暖房は、部屋の中が乾燥する?

実際に床暖房の部屋に住んで感じますが、床暖房は、部屋の中が乾燥する暖房器具とは言えないと思います。

逆にエアコンの暖房器具の方が、部屋が乾燥する暖房器具だと感じます。

エアコンというのは、暖かい暖気の風を送風することで部屋を暖めますが、風が吹いているので乾燥します。

一方で床暖房の暖房器具は、床を暖めて部屋を暖めるので無風ですので、乾燥する感じはありません。

いつも私は、床暖房の部屋に住んでいるのですが、たまにホテルに宿泊してエアコンの部屋で就寝するときには、乾燥を感じて大変不快に思います。

エアコンの暖房器具は、乾燥しやすいので加湿器と併用する必要がありますが、床暖房の部屋では加湿器を併用する必要がないというのが、エアコンと床暖房を実際に比較した感想です。

床暖房で乾燥を検討

高気密高断熱住宅では、オール電化を推奨しているので9割以上の方がエアコンの暖房器具を利用しています。

そして、高気密高断熱住宅では、住宅内に隙間がない高気密のために換気システムが理想的な状態で動作します。

上記のことが原因で高気密高断熱住宅の冬場は、乾燥した部屋内になるので喉が乾くと感じる方が多いです。

私も高気密高断熱の住宅に住んでいるときには、冬場に喉が乾く感じがあり慣れるまで大変でした。

加湿器を運転しすぎて、壁や窓に結露が発生する状態がありました。

今は、床暖房の部屋に住んでいますが、以前のように冬に喉が乾くようなことはありません。

床暖房の方が、エアコンの暖房器具よりも乾燥しなくて快適に暮らせる暖房器具であることは、間違いありません。

高気密高断熱住宅では、床暖房がなくても充分に暖かいので、床暖房が不要と説明する場合が多いのですが、エアコンよりも床暖房の暖房器具の方が快適です。

高気密高断熱住宅に住んでいる方でも、床暖房の暖房器具を導入する方が良いと思いますよ。

以上、床暖房は、部屋の中が乾燥する?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告