リビング吹き抜けに憧れて注文住宅を建てた方も
実際に吹き抜けのあるリビングに住んでみると
リビング吹き抜けのデメリットに気づきます。

今回は、リビング吹き抜けデメリット暴露します。

天窓ブラインド 手動画像

リビング吹き抜けデメリット暴露

リビング吹き抜けのデメリットとしては
エアコン効率の問題となります。

リビング上の天井がなく
屋根の部分まで天井があるリビング吹き抜け。
天井だけでも倍の高さになります。

これだけ大きな空間になるので
エアコンも一回り大きなサイズを設置する必要があります。

リビング吹き抜けデメリットを検討

リビング吹き抜けにはエアコン効率の問題がありますが
光熱費のことをクリア出来れば
リビング吹き抜けをしても良いかもしれません。

またエアコンの効率を高める方法としては
住宅性能をアップすることで解決します。

高気密高断熱の住宅で24時間エアコンを付けるというのであれば
1日当たりのエアコンの電気代は1日6円にすることも出来ます。

住宅の壁の断熱材を断熱性能の高いものにしたり
2重サッシの窓にして高い断熱性能の家にすることが大切です。

住宅の熱の出入りの約5割が窓からと言われています。
2重サッシの窓にしてLow-eガラスを使うことでも
住宅の断熱性能がかなりアップすることでしょう。

以上、リビング吹き抜けデメリット暴露でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告