リビング照明の選択で迷っている方は、いるでしょうか。

リビングの照明というと、住宅の部屋の中でも一番お金を掛けて素敵にしたいと考える方が多い場所です。

シャンデリアをリビング照明として設置する方もいますが、来客時のことも考えると素敵なリビング照明にしたいと考えてしまいます。

でも中には、リビング照明はいずれ飽きるので、あまりお金を掛ける必要がないと考える方もいます。

リビング照明は、いずれ飽きるものでしょうか。

今回は、リビング照明は、いずれ飽きる?話をします。

リビング 照明 いずれ飽きるイメージ画像

リビング照明は、いずれ飽きる?

リビングの照明については、シャンデリアやシーリングファンの付いた照明など豪華にすることを考える方と、照明というのはいずれ飽きるものなので、普通の照明で良いと考える方がいます。

私が自宅を建てるときには、照明についてはグレードの高いものを採用しました。

リビング照明は、シーリングファンのついた照明器具で周りにはダウンライトの間接照明を設置しました。

でも、いま改めて考えてみるとリビング照明というのは、いずれ飽きるものだと思います。

リビングに初めて訪れる来客の方は、リビング照明の派手さに驚く方もいますが、実際に住み続けていると別に派手にする必要はないと感じています。

リビング照明を派手にする気持ちというのは、ある意味自己満足のためだと言えますね。

もちろん、住宅の建築費用に余裕がある方は、リビング照明にお金を掛けて良いと思いますが、リビング照明にお金を使うのであれば、他の住宅設備にお金を使う方が良いと私は思います。

なぜなら照明器具というのは、住宅が完成した後でも交換することが可能だからです。

他の住宅設備では、新築時でしか設置することが出来ない住宅設備もあるので、注意が必要ですね。

リビング照明を検討

リビング照明については、下記のようなシーリングライトと呼ばれるもので充分だと私は思います。

このリビング照明であれば、価格は1万円以下です。

私の自宅のリビング照明では、シーリングファン付き照明と複数のダウンライト間接照明で10万円以上の価格になりますが、今思えば1万円ぐらいのシーリングライトでも良かったと思っています。

もちろん、リビング照明が派手な方が見栄えが良く感じるものですが、住宅ローンをしてギリギリの予算で注文住宅を建てるときには、リビング照明に費用を使うよりも、他の住宅設備にお金を使う方が良いと感じます。

やはり、リビング照明は、いずれ飽きるものだと思いますよ。

以上、リビング照明は、いずれ飽きる?話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告