一戸建て・おすすめ間取りが気になる方は、いるでしょうか?

注文住宅で満足する間取りというのは、実に難しいと考える方は多いです。

私が知っている人でも、自宅を3回建て直した方がいます。

でも、住宅の間取りを考えることが趣味のような設計士の方であれば、間取りで悩むことは良いと思いますが、一般の方が間取りで悩むことは時間もお金も勿体無いと思います。

そのようなことから考えると一戸建て・おすすめ間取りというのは、どのような間取りになるのでしょうか。

今回は、一戸建て・おすすめ間取りとは?の話をします。

間取り おすすめ 一戸建てイメージ画像

一戸建て・おすすめ間取りとは?

一戸建て・おすすめ間取りというのは、一戸建てを建てる土地に適切な間取りが、おすすめ間取りだと言えます。

つまり、おすすめ間取りとして、決まった間取りがある訳ではありません。

一戸建てを建てる土地というのは、それぞれ違うものです。

方角はもちろんですが、開口部や奥行きも違います。

住宅メーカーの設計士は、土地に合わせて最適な一戸建ての間取りを設計します。

ですので、一戸建て・おすすめ間取りというのは、土地に合わせて作成された住宅メーカーの設計士の提案する間取りだと思います。

一戸建て・おすすめ間取りを検討

住宅メーカーでは、一戸建てを建てる施主の意見を尊重して間取りを作成します。

例えば、施主が2階リビングの間取りにしたいと考えれば、設計士は2階リビングの間取りを作るしかなくなります。

でも、一戸建て・おすすめ間取りという視点から考えると、施主の希望を伝えることで、おすすめ間取りではなくなる可能性が高くなります。

先ほどの2階リビングの間取りで言うなら、日当たりが良い土地であれば、階段の上がり下がりが多い2階リビングの間取りにする必要がありません。

ですので、一戸建て・おすすめ間取りを知りたいのであれば、間取りの希望を伝えないで住宅メーカーの設計士に自由に間取りを作ってもらうことから始めると良いと思います。

そして、住宅メーカーの設計士の作成したおすすめ間取りを確認してから、施主の希望を伝える方が良いと思います。

なぜなら、一戸建てを購入する方の多くは初めて住宅の間取りについて考えることになりますが、テレビや雑誌などの影響で間取りについて現実の暮らしやすさよりも、派手さのある夢のある間取りを希望する傾向が多いからです。

例えば、吹き抜けのあるリビングは人気のある間取りですが、生活のしやすさを考えるなら吹き抜けのない間取りの方がおすすめです。

一般的に住宅メーカーの設計士は、間取りの派手さよりも、実際に住んでから住みやすい間取りをおすすめ間取りとして設計します。

地震の耐震性やメンテンスのこと、そして生活動線のことなど色々な部分でクレームにならないような無難な間取りをおすすめ間取りとして考えています。

でも、そのような間取りというのは無難な間取りになってしまうので、初めて一戸建てを購入する方にとっては、物足りない間取りに感じてしまう場合が多いです。

特に建売住宅では売る必要があるので、初めて一戸建てを購入する方が欲しいと思ってもらう間取りにする必要があります。

ですので、吹き抜けのあるリビングの間取りにしたりしていますが、注文住宅の観点からは、おすすめ間取りとは言えない場合もあります。

一戸建て・おすすめ間取りを作るには

これから注文住宅の一戸建てを購入する方は、まずは住宅メーカーの設計士にお任せで間取りを作ってもらうことが、本当の意味でのおすすめ間取りになると思います。

一戸建てで部屋の数は譲れない部分があるので、家族の人数を伝えるぐらいにして、あとは設計士の提案するおすすめ間取りを確認してから、自分の希望を伝えると良いと思います。

事前に間取りについて色々な考えがあっても、設計士の提案する間取りを確認することで今までの固定観念が変わる可能性は大いにあります。

まずは、住宅メーカーの設計士に自由に間取りを作ってもらうことは、大切なポイントだと思いますよ。


ちなみに下記のサイトでは、無料で複数の住宅メーカーに間取りを作ってもらうことが出来るので、おすすめ間取りを多く入手することが可能です。

⇒コチラをクリックして、おすすめ間取りを入手する

以上、一戸建て・おすすめ間取りとは?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告