新築で坪単価40万は、最安値? | 住宅購入体験談ブログ

住宅購入体験談ブログ

住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

*

新築で坪単価40万は、最安値?

   

新築で坪単価40万が気になる方は、いるでしょうか。

新築で坪単価40万円となると、注文住宅の最安値の坪単価だと思います。

ローコスト住宅の坪単価では、40万円以下の坪単価を表示している住宅メーカーもありますが、その坪単価には電気・ガス・水道などの付帯工事費は含まないで、木工事の本体部分の坪単価だけを表示している坪単価なので注意が必要です。

それでもやはり、新築で坪単価は40万円が最安値なのでしょうか?

今回は、新築で坪単価40万は、最安値?の話をします。

新築  坪単価 40万イメージ画像

新築で坪単価40万は、最安値?

新築で坪単価40万円は、注文住宅の最安値の坪単価だと思います。

坪単価40万円で延床30坪の新築だと、1200万円になりますが、住宅メーカーが利益を取ることができるギリギリの坪単価だと言えます。

延床30坪程度の新築だと、材料費や大工さんや職人の費用の原価だけでも800~900万円は掛かります。

後は、住宅メーカーの利益として500万円ぐらいは必要になりますが、坪単価40万円の新築だと住宅メーカーの必要な利益もギリギリになっています。

もし、坪単価40万円以下の新築となると、色々な部分を削って利益を出している可能性もあるので、一般的な新築では坪単価40万は、最安値だと考えた方が良いと言えますね。

新築で坪単価40万を検討

新築で坪単価40万は、最安値なことを伝えました。

これを読んで、もっと安い坪単価の住宅はあるけど?と思った方もいるかもしれませんが、先ほどの話したように電気・ガス・水道などの付帯工事費が坪単価に含まれていないで坪単価を表示している住宅メーカーがあるので注意が必要です。

坪単価の安さを全面にアピールしているローコスト住宅メーカーでは、新築の木工事と呼ばれる本体だけの坪単価だけを表示している場合が多いです。

また、規格住宅と呼ばれる間取りが決まっている住宅では、1000万円以下の住宅も多いのですが、これも電気・ガス・水道などの付帯工事費は坪単価から除外されています。

新築の住宅を購入するときには、坪単価で検討するのではなくて、実際の新築完成の総額費用で検討することが大切なポイントです。

それには、住宅メーカーで見積もりを取ることが、間違いない方法だと言えます。

坪単価で住宅メーカーを比較検討するのではなくて、実際に見積もりを取って新築の住宅メーカーを検討しましょう。


ちなみに下記のサイトでは、住宅メーカーの新築見積もりを一括して入手することが可能ですよ。
⇒こちらをクリックして、詳細を確認してみる

以上、新築で坪単価40万は、最安値?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


【期間限定】住宅購入に役立つレポート・無料プレゼント中

私が運営している住宅ブログを無料レポートとして、まとめました。


これから住宅購入を検討している方には、必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして無料レポートを確認する

広告