今回は、二重窓必要?という問い合わせがありましたので
お答えしたいと思います。

引き違いのサッシを設置するなら二重窓は必要と感じます。
でも縦すべり窓や横すべり窓などの気密性が高いサッシを設置するなら
二重窓は不要と感じます。

なぜなら気密性が良いサッシだと
二重窓にしなくても十分暖かいと感じます。
また開閉式のサッシでは
二重窓を設置することは難しいものです。

今回は、二重窓必要?の話をします。

二重窓必要?画像

二重窓必要?

私の日本での自宅では引き違いサッシを採用しました。
そしてペアガラスにしていますが
それでは断熱性や気密性が低いので全ての窓を二重窓にしました。

二重窓を設置したのは10月でしたが仕事から帰宅して自宅に帰ったときに
エアコンの暖房を付けているの?と勘違いするほど
暖かい部屋になっていました。

特に浴室は今までは少しヒンヤリとする感じがありましたが
二重窓にしてからは全くヒンヤリとすることがなく
快適な入浴が出来るようになりました。

引き違いサッシというものは窓を左右に開くので
構造的にサッシの上下が隙間があります。
ですので、どうしても隙間風というものを感じます。
冬のときに窓に近づくとヒンヤリとする冷気を感じますが
二重窓にすることを改善することが可能になります。

二重窓必要?を検討

引き違いサッシを二重窓にして大変満足していますが
現在住んでいるマンションでは
全て縦すべり窓のサッシの場所に住んでいます。

オール樹脂製で断熱性が高いので結露することはなく
また気密性が高いので窓の部分からヒンヤリとする感じはありません。

引き違いサッシでは二重窓は必要と感じていましたが
オール樹脂製の開閉式の窓のサッシでは二重窓は不要と感じます。
そもそも開閉式のサッシでは二重窓を付けることは難しいですが
二重窓にしなくても十分に断熱性や気密性は良いものです。

つまり、引き違いサッシの方では二重窓は必要ですが
開閉式のサッシでは二重窓は不要と言っても良いと感じます。

新築でサッシを選ぶことが出来る方は
引き違いサッシではなくて開閉式のサッシを採用すると
二重窓にする必要はないので検討してみると良いと思います。

もちろん現在の窓のサッシが引き違いサッシの方は
二重窓は大変良いのでオススメです。

以上、二重窓必要?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告