最近の戸建て住宅ではシンプルモダンな外観の住宅が多いですが、注文住宅で後悔する部分として庇の部分があります。

庇が短いと雨が降ったときに窓を開けていると雨が部屋の中に入ってしまいますが、注文住宅では庇を長くすることで後悔する可能性を少なくすることが可能です。

今回は、注文住宅で後悔する庇の話をします。

注文住宅 後悔 庇画像

注文住宅で後悔する庇

注文住宅の外観デザインではシンプルモダンな庇が短い屋根の住宅が人気があります。また敷地いっぱいに住宅を建てる場合も庇を短くする必要があります。

本来の日本住宅では庇が長いことが特徴でした。雨の多い日本では海外に比べて庇を長くして、雨の水が外壁に掛からないようにしたり、雨が降っても窓を開けたままでも大丈夫な仕様にしていました。でも、シンプルモダンな外観の流行や敷地面積の問題で注文住宅の庇は短くなる傾向にあります。

夏場に急に雨が降って、窓を開けていた部屋に雨水が溜まってしまった。ということが庇が短い住宅では多いですが、庇が長い注文住宅ではこのようなことがないので後悔をする可能性がありません。

注文住宅で後悔する庇を検討

私の自宅の注文住宅もシンプルモダンな外観の影響は敷地面積の問題で庇が短い屋根になっています。横向きの風が吹く中での雨が降ると窓を開けていたら部屋に雨が入ってくるので、雨が降りだしたら慌てて窓を閉めるようにしています。

庇を長くしている注文住宅なら雨が降っても安心出来るので、これから注文住宅を建てる方は出来るだけで庇を長くするようにした方が後悔する可能性がないと思います。

注文住宅というのは、その土地の気候にあった住宅を建てることがベストですが、伝統のある日本家屋というのは人間の知恵が色々と詰まっていると感じます。

以上、注文住宅で後悔する庇の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告