すべり出し窓が気になる方はいるでしょうか?

間取りには色々なタイプがありますが、すべり出し窓は気密性が高くて快適に暮らすことが可能な窓だと言えます。

私が住んでいる部屋でも、すべり出し窓の部屋ですが、冬でも窓の付近でも寒くなく快適な暮らしが出来ています。

これから住宅購入で窓を検討している方は、すべり出し窓を採用した方が良いと思います。

今回は、すべり出し窓の話をします。

すべり出し窓画像

すべり出し窓

すべり出し窓というのは、高気密高断熱住宅では必須の窓です。

日本では引違いタイプの窓が多いですが、引違いタイプの窓は窓の上下がレール状になっていますが、このレールの部分で隙間風が入ってきます。

ですので、冬場には引違いタイプ窓では窓の付近でヒンヤリとした寒さを感じます。

高気密高断熱住宅では、窓の気密性が必要なので引違いタイプの窓ではなくて、すべり出し窓を標準仕様として採用しています。

すべり出し窓は、冷蔵庫のドアのようにドアを密閉して閉じることが可能です。

隙間風が入れない窓で過ごす部屋は、防音性もアップするので快適に過ごすことが出来ます。

住宅で窓というのは、ちょっとしたことと考える方もいるかもしれませんが、実は窓の種類によって住み心地が大きく違います。

住宅設備で一番住み心地の違いを感じるのは、窓の種類と言っても過言ではありません。

すべり出し窓を検討

窓の種類には色々なタイプがありますが窓の種類を選ぶときには、すべり出し窓をオススメします。

すべり出し窓では、横すべり出し窓・縦すべり出し窓・押出窓という種類がありますが、一般的にはドアのように開閉できる縦すべり出し窓を選択することが良いです。

縦すべり出し窓だと窓を開けたときに扉の影響によって、部屋に流れ込む風の流量が多くなります。

また、縦すべり出し窓は他の窓よりも換気に有利になので、夏に過ごしときにも快適さを感じることが可能です。

すべり出し窓は、他の窓よりもメリットが多いので窓を選ぶときには、すべり出し窓を選択すると良いと思います。

以上、すべり出し窓の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告