貯金なしで住宅購入を検討している方はいるでしょうか。

超低金利時代の今では貯金なしで住宅購入をしても、毎月の住宅ローンの支払いが、賃貸に暮らして賃料を支払うことと変わらない場合が多いです。

私が住宅を購入したのは5年前になりますが、そのときも超低金利時代でした。

私も貯金なしで住宅購入をしましたが、賃貸に暮らし続けるよりも住宅購入して良かったと感じています。

貯金なしで住宅購入することはリスクが高いと言われていますが、本当にリスクが高いのでしょうか?

今回は、貯金なしで住宅購入の話をします。

貯金なし 住宅購入画像

貯金なしで住宅購入

貯金なしで住宅購入する方は、低金利時代の今では以前よりも多くなっていると思います。

毎月の住宅ローンの支払いが、賃貸暮らしで支払う賃料と変わらないのであれば、貯金なしで住宅購入をしたくなることは当然だと思います。

私も貯金なしで住宅購入しましたが、住宅購入をして満足しています。

住宅ローンが出来る年齢というのは、ある意味限られているので、住宅購入するのであれば早い年齢の方が良いと思います。

でも、貯金なしで住宅購入をしようとすることに心配する方も多いです。

一般的には住宅購入金額の2割ぐらいを貯金しておくことが必要と言われています。

貯金なしで住宅購入すると、毎月の住宅ローンの返済ができなくなるとも言われています。

でも私は貯金なしで住宅購入をしましたが、住宅ローンの返済で大変ということはありません。

住宅購入してからは、賃貸暮らしよりも節約する生活になって、貯金も増えている状況です。

ですので、貯金なしで住宅購入をすることに、あまり心配しなくても良いと思います。

貯金なしで住宅購入を検討

住宅というのは、生活するために必要な出費になります。

実家に暮らす方以外では、賃貸か住宅購入して住宅ローンを支払うので、毎月住宅に対して支出があります。

住宅に対する支出の割合は、都心では収入の3分の1になる場合も多いです。

住宅購入のために貯金をすることは難しいことと感じます。

ですので貯金なしで住宅購入するのであれば、将来の金利上昇のリスクを回避するために、長期固定金利で住宅購入をする選択をすれば、安全だと思います。

毎月の住宅ローンの支払いを抑えるためには変動金利の住宅ローンの方が良いことは当然ですが、将来は金利上昇する可能性もあります。

長期固定金利だと毎月の住宅ローンの支払いは変動金利よりも高いですが、それでも支払うことが出来る住宅を購入することが、貯金なしで住宅購入する方には大切なポイントです。

貯金なしで住宅購入することに、あまり神経質になる必要はないと思いますが、住宅ローンは長期固定金利を選択するようにしたいものです。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで
未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので
100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)

以上、貯金なしで住宅購入の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告