売主が個人の場合の中古住宅は、消費税がかからないことを知っているでしょうか?

でも中古住宅でも売主が個人ではなくて会社の場合では、消費税がかかるので注意が必要です。

住宅というのは高額な価格なので、例えば2千万円の中古住宅であれば消費税は160万円になります。

中古住宅の消費税の有無は大きな違いになります。

今回は、中古住宅は消費税かからない?話をします。

中古住宅 消費税 かからない画像

中古住宅は消費税かからない?

中古住宅の多くは、売主が個人名義になっている場合が殆どなので、中古住宅を購入するときには、消費税がかかりません。

でも中古住宅でも法人名義の中古住宅だと、消費税が必要になる場合があるので注意が必要です。

中古住宅を購入するときには、消費税が必要になるかを営業担当に確認した方が安全です。

分譲マンションの中古住宅では、個人の方が投資用で購入した物件を販売している場合がありますが、法人名義か個人名義かを不明な場合もあるので、このような場合は慎重に確認した方が良いです。

また、中古住宅でも販売会社がリフォームをして販売している中古住宅もあります。

リフォーム費用は消費税がかかりますが、中古住宅の消費税込みの総額を確認する方が安心と言えます。

中古住宅は消費税かからない?を検討

住宅の消費税というのは、百万円単位で必要になる費用ですが、営業担当者によっては、消費税が別に必要なことを当たり前に考えている営業担当者もいます。

気に入った中古住宅を見つけて契約が終了してから、百万円単位の消費税が別に必要になると知ったら大変なことです。

中古住宅を購入するときには、消費税の確認はもちろんのことですが、仲介手数料や火災保険の費用なども含めた中古住宅購入のための総支払額を確認するようにした方が良いです。

中古住宅の価格が高いほど、消費税や仲介手数料・火災保険料なども含めて高くなり、数百万円単位の費用が必要になるので、消費税の金額を慎重に確認するようにしたいものです。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで
未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので
100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)

以上、中古住宅は消費税かからない?話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告