中古住宅の値引き交渉するのが楽しみになる方法 | 住宅購入体験談ブログ

住宅購入体験談ブログ

住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

*

中古住宅の値引き交渉するのが楽しみになる方法

   

中古住宅の値引き交渉が気になる方は、いるでしょうか?

中古住宅では、値引き交渉をして購入することが一般的です。

不動産では、指し値と言って、例えば100万円値引きしてくれて、この価格だったら購入します。

という書類を相手に提出することがあります。

指し値をすることで、中古住宅の値引き交渉が楽しくなると思います。

今回は、中古住宅の値引き交渉するのが楽しみになる方法の話をします。

中古住宅 値引き 交渉画像

中古住宅の値引き交渉するのが楽しみになる方法

中古住宅の値引き交渉をするときには、指し値と言って、値引き額を指定して購入価格を提示する方法が良いです。

私は住宅メーカーに勤めていましたが、指し値で値引き交渉して、不動産を購入することは日常的にありました。

中古住宅で値引き交渉をするときには、100万円の値引きではなくて、300万円の値引き交渉も普通なことです。

私が実際に知っている中古住宅では、900万円の中古住宅で、400万円値引きの500万円で購入する指し値を出したこともあります。

そのときは、指し値を出した後で交渉になりましたが、途中で他の物件を購入したので流れてしまいました。

でも、中古住宅で大幅な値引き交渉をすることは、普通なことなので、値引き交渉をすることを敬遠しない方が良いと思います。

中古住宅の値引き交渉を検討

中古住宅の値引き交渉で、指し値をして値引き交渉することを伝えました。

もちろん、中古住宅には相場というのがあり、売主も相場を考えて価格を設定しているので、値引き交渉が難しい場合もあります。

駅から近く立地条件の良い中古住宅では、値引き交渉が難しい場合が多く、値引き交渉することもなく契約されてしまう場合が多いです。

逆に立地条件が悪い中古住宅では、大幅な値引き交渉が可能です。

中古住宅で立地条件を第一優先にしていない方は、指し値をして大幅な値引き交渉が出来ると思います。

立地条件を第一優先に考えている方の場合では、指し値をして値引き交渉をしている間に、他の方から申し込みが入る可能性があるので注意が必要です。

中古住宅を購入するのも、縁というものがあります。

もし中古住宅で値引き交渉をしている間に、他の方に取られてしまった場合は、それも縁だと思って他の中古住宅を探す方が良いと思います。

以上、中古住宅の値引き交渉するのが楽しみになる方法の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


【期間限定】住宅購入に役立つレポート・無料プレゼント中

私が運営している住宅ブログを無料レポートとして、まとめました。


これから住宅購入を検討している方には、必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして無料レポートを確認する

広告