住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

高気密高断熱住宅で夏対策の窓とは?

投稿日:

高気密高断熱住宅で夏対策の窓について気になる方は、いるでしょうか?

高気密高断熱住宅で夏対策の窓は、快適に暮らすために大切なポイントです。

夏対策の窓として、Low-Eガラスという太陽熱の侵入を防ぐ窓にすることが必要です。

Low-Eガラスには、断熱タイプもありますが、間違っても断熱タイプの窓にしないことが重要です。

今回は、高気密高断熱住宅で夏対策の窓とは?の話をします。

高気密高断熱 夏 窓イメージ画像

高気密高断熱住宅で夏対策の窓とは?

高気密高断熱住宅で夏対策の窓は、快適に暮らすために重要なポイントです。

太陽熱の侵入を防ぐLow-Eガラスにすることで、窓から明かりのみ取り入れて太陽熱の侵入を防ぐことが可能です。

でも、太陽熱の侵入を防ぐLow-Eガラスでは夏は涼しくて良いのですが、冬には太陽熱を防ぐので窓際で日向ぼっこをすることが出来ません。

一般的な住宅であれば、このことはデメリットになりますが、高気密高断熱住宅では冬でも温かい住宅になるので、太陽熱を防ぐLow-Eガラスでも大きなデメリットにならないことがポイントです。

高気密高断熱で夏の窓を検討

高気密高断熱の住宅の夏は、エアコンを運転しないと暑い住宅です。

住宅内に外部から熱を取り入れないことが大切なポイントになりますが、実は窓からの熱の侵入はとても大きいです。

実験データでは、住宅内への熱の出入として約8割が窓からの侵入というデータがあります。

高気密高断熱の住宅では、壁と屋根の断熱材にこだわっていますが、壁と屋根以上に窓の部分を検討することが重要です。

太陽熱の侵入を防ぐLow-Eガラスは、遮熱タイプのLow-Eガラスと言いますが、Low-Eガラスには熱を保温する断熱タイプのLow-Eガラスもあるので、Low-Eガラスを選択するときには、間違えないようにしたいものです。

もちろん、遮熱タイプのLow-Eガラスでも、窓からの太陽熱で暑い感じはあるので、ブラインドやカーテンなどの日除けを設置することも必要です。

Low-Eガラスの性能を期待しすぎて、がっかりしないようにあまりLow-Eガラスに過信をしないこともポイントだと言えます。

以上、高気密高断熱住宅で夏対策の窓とは?の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-
-, ,

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.