断熱シートを床に設置することを検討している方は、いるでしょうか。

断熱シートは屋根の部分や壁の部分に設置することが一般的ですが、床のフローリングの下に断熱シートを設置する方もいます。

床暖房をする場合では、床に断熱シートを設置することもありますが、それ以外で断熱シートを床に断熱シートを設置することは一般的ではありません。

ただし、ホットカーペットの下に断熱シートを配置することは一般的です。

今回は、断熱シートを床に意味ある?の話をします。

断熱シートを床に意味ある?

断熱シートを床に配置することは、ホットカーペットを利用している方は意味があると思います。

ホットカーペット用の断熱シートは、アルミのシートになっていますが、ホットカーペットの熱をフローリング側には伝えないで、反射する役割があるので、ホットカーペットの熱を無駄にすることを防げます。

ホットカーペットの下に断熱シートを利用することは一般的ですが、それとは別に建築的に断熱シートをフローリングの床の下に設置する施工をする方もいます。

床暖房を設置する場合では、断熱シートをフローリングの下に配置することはありますが、床暖房を設置しないで断熱シートを単品で床に配置しても、意味があるとは考えづらいです。

フローリングの床の断熱を気にする場合は、断熱シートではなくて硬質パネルの断熱を設置する方が、確かな断熱効果を感じることが出来ると思います。

断熱シートを床に検討

断熱シートを床に配置することは、新築の住宅では殆どありませんが、リフォームで断熱シートを床に配置することは考えられます。

なぜなら、リフォームでは既存の住宅の作りの制限があるので、床が寒いときなどに簡易的に断熱シートを床に配置することはあると言えます。

断熱パネルを床の下に設置するには、結構大掛かりなリフォームになりますが、断熱シートを設置するのであれば、簡単なリフォームで済みます。

これから新築で住宅を建てる方は、床に断熱シートを配置することは考えないで、リフォームの方が断熱シートを検討すると良いと思います。

以上、断熱シートを床に意味ある?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告