建売住宅を購入検討している方は、建売住宅の柱や内部の見えない部分で手抜き工事をしていないか不安になる方は多いです。

建売住宅では、外観デザインが素敵で庭の雰囲気も良いので購入したい気持ちになります。
でも欠陥住宅を購入して失敗したくないものです。

建売住宅で失敗しないようにするには、どうしたら良いのでしょうか?

今回は、建売住宅で失敗しない話をします。

建売住宅で失敗しない話画像

建売住宅で失敗しない話

建売住宅で失敗しないためには、外観の印象と営業担当のセールストークに惑わされないことがポイントです。
外観が素敵な建売住宅で、営業の背中を押すセールストークがあると、直ぐに申込をしないと売り切れてしまう気持ちになって衝動買いをしてしまう可能性が高いです。

建売住宅で失敗しないためには、冷静な判断で購入するようにしたいものです。

また建売住宅は、完成した住宅を見て購入出来ることがメリットですが、逆に建売住宅を建築中の作業が見ることが出来ないことで、建売住宅を購入して失敗するか不安になる方も多いです。

でも最近の建売住宅は、第三者機関の検査が入り、工事途中の作業も検査をしています。
例えば、基礎の部分も検査されて建売住宅は完成しています。

ですので、建売住宅の品質的に失敗する可能性は低いと言えます。

それでも、建売住宅の品質が心配な方は、近所で建売住宅を建てて工事をしている物件では、工事途中の建売住宅を見て作業内容を確認することが可能なので、安心して建売住宅を購入することが可能です。

雑な作業をしている建売住宅では、建築に詳しくない方が見ても、ゴミが散らかり作業現場が汚くなっています。
建築途中の建売住宅を見て、雑な作業をしていないことを判断できた建売住宅では、購入した後も失敗と感じる可能性は低いと言えます。

建売住宅で失敗しないことを検討

建売住宅を購入した方で失敗と感じる方の多くは、住宅の品質の問題よりも、建売住宅の間取りや立地条件で失敗と感じている方が殆どです。

建売住宅の間取りに関しては、生活してから気づいたり感じたりするものなので、注文住宅でも間取りについて失敗しないことは難しいことです。

最悪の場合、建売住宅で間取りで失敗と感じても、リフォームすることで失敗を改善できるので、建売住宅で間取りの失敗は、まだ良い方です。

建売住宅で一番の失敗は立地の問題です。
立地で失敗と感じたら、建売住宅を売却する以外方法がありません。

例えば、通勤通学で電車を利用する方にとって、駅からの距離は大切なポイントです。
また、建売住宅の周りにスーパーやコンビニがないことも、長く住むには不便な場合が多いです。
周りに店がない場所だと、夜は真っ暗になる場合が多いので、防犯面でも不安になります。

建売住宅で失敗と感じていない多くの方は、建売住宅の立地に満足している方です。

建売住宅の建物のデザインや間取りを悩む前に、まずは建売住宅の立地を優先すれば、建売住宅を購入して失敗と感じるリスクを減らすことが可能です。

以上、建売住宅で失敗しない話でした。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い物件はネットに掲載される前に成約しています。

良い物件に巡りあうには不動産情報提供サービスで未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告