床暖房は、電気とガスどちらが良いか気になる方は、いるでしょうか。

実は、床暖房と言っても色々なタイプの床暖房があります。

床暖房には、電気とガスとありますが、更に温水式や電熱線式・ヒートポンプ式があります。

一体、床暖房は、電気とガスのどちらが良いのでしょうか。

今回は、床暖房は、電気とガスどちらが良い?話をします。

床暖房 電気 ガスイメージ画像

床暖房は、電気とガスどちらが良い?

床暖房は、電気とガスのタイプでどちらにするか迷う方がいますが、床暖房は毎月の光熱費を重視して選択することが良いと思います。

なぜなら、床暖房は毎月の光熱費がネックになって、床暖房を設置しても床暖房を利用しない家庭もあるからです。

特に電気での電熱線式の床暖房は、光熱費が一番高い床暖房です。

電気の電熱線式の床暖房は、初期費用が一番リーズナブルな床暖房なので導入する方が多いのですが、毎月の光熱費が一番高いです。

初めは床暖房を導入したので利用しますが、光熱費の高さに驚いて徐々に利用しなくなる家庭が多いです。

ですので、電気の電熱線式の床暖房は、なるべく避ける方が良いと思いますね。

床暖房はガスが良い?

では、床暖房ではガスの方が良い?と思う方もいます。

ガスの床暖房となると、温水式の床暖房になります。

温水式の床暖房は、床下に温水式の管やシートを配置するので、初期費用とメンテナンス費用が高い床暖房です。

でも、温水式の床暖房は、電熱線式の床暖房よりも柔らかい暖かさを感じることが出来る床暖房です。

毎月の光熱費は、電熱線式の床暖房よりも安いので利用しやすい床暖房です。

床暖房だけのガス代で毎月の2万円ぐらいを気にしないのであれば、床暖房はガスの温水式が良いと言えますね。

床暖房は、電気のヒートポンプ式がオススメ

床暖房は、電気の電熱線式は光熱費が高くて、ガスの温水式は電気の電熱線式よりも光熱費がリーズナブルになることを伝えました。

でも、毎月の光熱費のことを考えるなら、電気のヒートポンプの温水式の床暖房が一番良いと思います。

ヒートポンプというのは、電気代がリーズナブルになるので、最近の家電では多く利用されているものです。

エアコンは、もちろんのこと、乾燥機能付きの洗濯機でも利用されています。

また、ヒートポンプはオール電化の湯沸かし器としても利用しています。

ですので、床暖房の温水を電気料金の安い深夜電力を利用してヒートポンプで作ることが出来ます。

オール電化を利用している住宅で床暖房を検討している方は、電気でヒートポンプの温水式の床暖房がオススメです。

初期費用が一番高くなる床暖房ですが、毎月の光熱費は床暖房だけの費用としても1万5千円ぐらいで可能な場合があります。

床暖房、電気とガスを検討

床暖房は、電気のヒートポンプ式がオススメなことを伝えました。

ただし、オール電化を利用するが条件になります。

でも、最近ではオール電化を希望する流れから、料理を美味しく作ることが出来るガスを利用することを希望する方も多くなっています。

また、日中に自宅で暮らすことが多い家庭では、オール電化よりも通常の電気料金の契約の方がお得になる場合もあります。

ですので、ガスを導入している家庭では、冬場の床暖房の電気代だけを深夜電力の契約をすることが良いと思います。

床暖房を電気のヒートポンプの温水式にして冬場は24時間床暖房を運転をしたら、快適な住宅になることは間違いありませんね。

初期費用も光熱費もかかりますが、健康のことを考えるなら床暖房を24時間利用したいものです。

以上、床暖房は、電気とガスどちらが良い?話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告